And then there were none

言わずと知れたアガサ・クリスティーの傑作でミステリーの最高峰

U.N. Owenという人物より、10人の男女にインディアン島への招待状が送られます。

インディアン島に集まった10人の招待客。

食事を共にした後、どこからか、それぞれの過去を暴く声が・・・。

ナースリーライム Ten little soldier boys にあわせて、一人、そして、また一人と殺されていく
一人殺されるごとに、テーブルの上の小さな陶器が消えていく・・・


私は多読をはじめた後、早い段階でこの作品に挑戦しました。
当時の私には、わからない単語がたくさんありましたが、だからといって、辞書を引くのももどかしく、次は誰が殺されるんだ? 本当にそのシチュエーションで殺されるのか?と必死に読み続けてしまいました。

最後の3名が残る段階になると、もう時間があるとページをめくる状況になり、最後の最後は逆にページをめくるのがもったいなく感じ、最後の一人が殺されて誰もいなくなった後は、脱力感で抜け殻になってしまいました

多読に挑戦する際に重要なことは、読みやすい英語であるというのもちろんですが(この点でもアガサ・クリスティーはお勧めです)、やっぱりストーリーが面白いということが重要です。

ストーリーが面白ければ、多少英語を読むのが辛くても、がんばれます。
英語であろうが、日本語であろうが、面白いものは面白く、つまらないものはつまらないので、自分が没頭できる、自分が引き込まれるものを選ぶのが洋書を読みきる1つの方法です。

良い推理小説は、そういった点でも、多読に適しています。
推理小説が好きな人も、嫌いな人も、この作品、1度は読んでみてください。


難易度 ★★★☆☆
満足度 ★★★★★


And Then There Were None
St Martins Mass Market Paper
Agatha Christie

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • かずき

    こんちわ。きましたよ~♪
    「そして誰もいなくなった」ですね☆

    私が進呈したアガサは読んでいただけたでしょうか?ちなみに本ブログではなんとおよびすればよろしいでしょうか?
    2008年10月23日 01:41
  • Big R

    かずきちゃんへ。
    いただいたアガサはまだ、読んでません。スミマセン。
    アガサは実は、他に結構読んでしまったので、最近ついつい離れてしまっています。
    また、読みます。その時は、このブログで紹介しよかな。
    ちなみに私の呼び方は、何がいいかな? 自分でもわかりません。
    このプロフィールを見ると「Rさん」とか?? いいのがあれば、教えてください。
    何なら、それにあわせてプロフィールも書き換えようかな(笑)

    2008年10月24日 01:43
  • かずき

    プロフィールありましたね~
    チェック不足でしたー。
    じゃあここではRさんですね♪
    2008年10月25日 22:29

この記事へのトラックバック