アメリカ文学のレッスン

さて、今回はちょっと趣向を変えて、翻訳家としても有名な柴田元幸先生のエッセイをご紹介します。

前口上から引用させていただくと、

『~省略~、各章「名前」「食べる」「建てる」等々、何らかの鍵言葉を設定して、その言葉から思いつくアメリカ文学の作品を数点ずつ紹介している。~省略~、どの賞からお読みいただいても構わない。いろんなものをランダムにつまみ食いしていくなかで、アメリカ文学の全体像が何となく浮かび上がれば、というのが一応の到達目標であったが、~省略~』

ということなので、アメリカ文学に造詣の深い人はもちろんですが、アメリカ文学ってどんな感じなの?と思われている方、あるいは単になんとなくアメリカを感じてみたいと思われている人にも楽しく読めるのではないかと思います。

普段、英語多読に励んでおられる方々も、文学作品は敷居が高いと感じられている方が多いような気がしますが、この本を読むと、アメリカ文学を身近に感じることができるかもしれません。

個人的には、柴田先生の押し付けがましさのない文章が好きなので、とても楽しく読むことができました。
(もちろん、勉強不足なので柴田先生のおっしゃっている内容をどれだけ理解できているかは微妙ですが・・・

柴田先生のファンはもちろん、アメリカ文学ってどんなの?って思われている方にもオススメです


アメリカ文学のレッスン (講談社現代新書)
講談社
柴田 元幸

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アメリカ文学のレッスン (講談社現代新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック