怪談 ー映画ー

小泉八雲の「怪談」、小林正樹監督により、1965年に映画化されました
180分にも及ぶ長編ですが、映像にされたのは『黒髪』『耳なし芳一』『雪女』『茶碗の中』の4編です。

『耳なし芳一』、 『雪女』はもちろん「怪談」の中からの作品ですが、『黒髪』と『茶碗の中』は実は小泉八雲の「怪談」の中にはありません。『黒髪』は小泉八雲の「影」の中から、『茶碗の中』は同じく「骨董」の中から選出です。ちなみに『黒髪』の「影」の中では「和解」と題されています。

皆さんもご存知のように小泉八雲の「怪談」は単なるホラーではなく、日本人の物の感じ方や日本人の情緒、ものの哀れといった感情が描かれています。ですので映画『怪談』においても、ホラーの要素よりも、日本的な美しさ、日本人情緒、日本人のものの考え方などがメインに描かれているように思います。『黒髪』や『茶碗の中』も、そういった観点から小林監督に選ばれたのではないかと思います。

映画としては180分という長い作品ですので、展開の速い映像に慣れた現代人には、ややスローであると感じられるところもなきにしもあらずですが、じっくりと「怪談」の世界を味わうには良いのではないでしょうか。

この映画『怪談』も小泉八雲の「怪談」に合わせて必見のように私は思います。

なおこの作品の音楽は、武満徹が担当しており、非常に良い雰囲気を出しております。

怪談 [DVD]
東宝
2003-06-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 怪談 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック