実践 日本人の英語

「日本人の英語」シリーズ、待望の新刊。今回は「実践編」と銘打たれています。 内容は、所有格、冠詞、時制、動詞、仮定法、副詞、接続詞などです。これまでの内容と被る部分も多いのですが、心なしか今までで一番易しいように感じました。 これは自分の実力が上がった?!ということではなく、マーク先生が「日本人の英語」を25年前に発行された時から、日本人の英語力が上がっていない、あるいは、日本人の英語力を根本的に改善させたいという欲求の表れではないかと思います。 個人的には、接続詞、特に"so"についてが勉強になりました。詳しくは、この本を実際に読んでご確認いただきたいのですが、やはり、英単語は日本語訳で覚えるだけではいけないということですね。 そして、もう1つ印象的だったのは、多読の必要性です。マーク先生もこの本の中で「良い英文をたくさん読むことだ。これは語彙を豊かにするための一番の近道である。たくさん読むうちに、そこで出会った英文の形も無意識のうちに次第に自分の文章に反映されるようになる。」とおっしゃっています。良い英文をたくさん読むことが良い英文を書くことにつながるということですね。そして、さらに「外国語でものを書くには『実践』あるのみ。勇気をもって『英語で伝える』ことに挑戦していってほしい。」と続けられています。マーク先生が大学にて英作文の添削をする中から生まれた「日本人の英語」シリーズ。この「実践 日本人の英語」は日本人が自分の意見を英語で書いて伝えることを実践できるように、とい…

続きを読む

日本人が誤解する英語

「日本人の英語」、「続日本人の英語」の著者、マーク・ピーターセン氏による「日本人が誤解する英語」。 「日本人の英語」と同様に、我々日本人が間違えやすいところ、時制、仮定法、冠詞、使役動詞、接続詞、関係代名詞、受動態などに的を絞って解説されています。多少、これまでの作品と内容が重複するところもあり、勉強熱心な方の中には「そんなことは知っているよ」という部分もあるかとは思いますが、ご自身の知識を再確認するためにも一読をお勧めします。 というのも、私もこの本を読んで、やはり得るところ、あるいは再確認したところがあったからです。冠詞などは得意な人というのは日本人英語学習者の中にはいないのではないかと思いますし、仮定法はこれまでの作品には含まれておらず、今回初登場となっています。 例えば、良く使う "I'd like to -" という言い方は、"I want to -" より丁寧な言い方と教えられますが、なぜ、丁寧なのでしょうか? その謎も、この仮定法の章で明らかにされます。 また、私のような英語を教える仕事をしているものにとっては、自らの知識を再確認することはもちろんですが、英語の教え方の一つの見本としても大いに役に立ちます。英語学習者としてはもちろんですが、英語教育者としても、やはり読んで良かったと思える1冊です。 では、皆さんに問題です。 "Hey, honey. we need to fix the show in the bathroom." この文に答…

続きを読む

続日本人の英語

前回紹介した、マーク ピーターセンの「日本人の英語」の続編、「続日本人の英語」。 今回は、「オズの魔法使い」や「カサブランカ」といった映画からの引用も多く、前回よりもエッセイのニュアンスが強くなっており、リラックスして読めます。 あとがきには、「日本人は『読む』のは得意でも『書く』のは苦手という前提から出発したが、その前提を疑ってみたらどうか、というのがこの続編を書くきっかけであった。」とあります。 というわけで、今回は「英語を読む力」に焦点が当てられています。 さて、内容は、定冠詞the、可算名詞と付可算名詞、単数形と複数形、前置詞と副詞、時制等です。 前回の不定冠詞と今回の定冠詞を読めば、苦手な冠詞についての理解がやや深まるように思います。 そして、これまた苦手な可算名詞と付可算名詞については、 「燃えるゴミ」と「燃えないゴミ」の違いのようなもので、はじめは大変でも、努力すれば自然とわかるようになる、とあります。非常に面白い指摘だと思います。確かに、ゴミの分別も慣れれば苦になりませんが・・・、なかなかややこしい分別だと思います。 そして最後に、英語を理解するには、英語の中に没頭すること、 英語を英語としてあるがままに読むことが大切であり、 本当に英語を自分の体の一部とするには、「日本語にどう訳すか」ということではなく、 そ…

続きを読む

日本人の英語

マーク・ピーターセンのベストセラー『日本人の英語』。もう既読の方も多いのではないのでないかと思いますが、まだの方がおられたら、是非、1度お読みになることをオススメします。 日本の大学で教鞭をとられている氏が、日本人の英文ライティングを添削してきた中で、日本人に多い間違い、勘違いを丁寧に解説してくれています。 同様のコンセプトの本も多々ありますが、学習者の立場に立った本として、他とは1線を隔しています。 冠詞の使い方、関係代名詞、副詞の使い方などは、非常に参考になりました。 特に、冠詞の使い方は、ほとんどの日本人が苦手なのではないでしょうか? ええっ!?、自分間違っている・・・、と気づくことがあります。 これまでの自分の英語の未熟さ、曖昧さが身にしみます。 1つ例をあげておくと、 1. I ate chicken last night. 2. I ate a chicken last night. どちらも正しい英文ですが、意味は全く違います。 1つはご想像通り、「私は昨晩鶏肉を食べた。」ですが、もう1つはちょっと変わった意味になります。 どちらがどちらでしょうか?これは1の文でしょうか、2の文でしょうか。 そして、もう1つの意味は何でしょう?? この答えを知りたい方は、是非、この本をお読みください。 日本人の英語 (…

続きを読む