小泉八雲記念館・小泉八雲旧居

先日、島根県松江市にある小泉八雲記念館、それから小泉八雲旧居に行ってきました。 小泉八雲記念館には直筆の原稿、それから講義用のメモ、それから当時に発行された本などが置いてありました。中でも、興味深かったのはそれらの本とともに物語の舞台となった場面の写真の展示です。その写真を見ることで小泉八雲の書きたかった世界がより鮮明に分かるような気がしました。 小泉八雲旧居では実際に小泉八雲が使っていた書斎、机などが展示されていましたが、中でも注目すべき点は小泉八雲が気に入っていた庭です。私が行ったときにはカエルの鳴き声が美しく響いていました。こじんまりとはしながらも、日本の魅力がそこにはあります。まさしく、西洋人にとっては「知られぬ日本の面影」だったのだろうと想像できます。 島根県松江市、あまり訪れる機会もないかもしれませんが、近くに行く機会があれば、是非小泉八雲記念館それから小泉八雲旧居にも足を運んでいただければと思います。

続きを読む

怪談 ー映画ー

小泉八雲の「怪談」、小林正樹監督により、1965年に映画化されました。 180分にも及ぶ長編ですが、映像にされたのは『黒髪』『耳なし芳一』『雪女』『茶碗の中』の4編です。 『耳なし芳一』、 『雪女』はもちろん「怪談」の中からの作品ですが、『黒髪』と『茶碗の中』は実は小泉八雲の「怪談」の中にはありません。『黒髪』は小泉八雲の「影」の中から、『茶碗の中』は同じく「骨董」の中から選出です。ちなみに『黒髪』の「影」の中では「和解」と題されています。 皆さんもご存知のように小泉八雲の「怪談」は単なるホラーではなく、日本人の物の感じ方や日本人の情緒、ものの哀れといった感情が描かれています。ですので映画『怪談』においても、ホラーの要素よりも、日本的な美しさ、日本人情緒、日本人のものの考え方などがメインに描かれているように思います。『黒髪』や『茶碗の中』も、そういった観点から小林監督に選ばれたのではないかと思います。 映画としては180分という長い作品ですので、展開の速い映像に慣れた現代人には、ややスローであると感じられるところもなきにしもあらずですが、じっくりと「怪談」の世界を味わうには良いのではないでしょうか。 この映画『怪談』も小泉八雲の「怪談」に合わせて必見のように私は思います。 なおこの作品の音楽は、武満徹が担当しており、非常に良い雰囲気を出しております。 怪談 [DVD]東宝 2003-06-21 Amazonアソシエイト by

続きを読む

JAPAN -a pictorial portrait-

旅行やホームステイなど、外国の方へのお土産に何がいいだろうかと悩んだことのある方はたくさんおられると思います。そして、まさに今、困っている方もおられると思います。今回はそういういった方々のためにおススメの1冊をご紹介します。 "JAPAN -a pictorial portrait-" この本には日本の四季、および北海道から沖縄まで、日本を代表する建物や風景の写真が収められており、まさしく美しい日本がここにはあります。そして、各写真に簡単に英文で説明が加えられていますので、この本を見ながら、ホストファミリーや外国人の友人に日本を紹介することができます。 今はネットで日本の写真などいくらでも見ることができますが、この本ほど上手に日本の良さを抽出しているものは少ないと思います。この本があれば、「日本はこんな美しい国なんだよ。」と自信を持ってお話することができます。また同時に、外国の人だけではなく、私たちに日本人にとっても日本って美しい国だなと感じることのできる1冊です。 JAPAN:a pictorial portraitIBCパブリッシング IBCパブリッシング Amazonアソシエイト by

続きを読む

英語で日本紹介ハンドブック

最近は通訳案内士受験に向けての参考書や日本を紹介する本も多く出版されていますが、今回は、私が通訳案内士の受験の際に、よく使った参考書、「英語で日本紹介ハンドブック」を紹介します。 この本は実際に通訳案内士として活躍されている松本美江さんが書かれた本で、日本の地理から文化・芸術・行事、家計や教育といった日本人の一般的な生活に関することまで多くの事柄が含まれています。また、外国人が持つ疑問や通訳案内士の仕事に関するコラムもあり、いろいろと勉強になります。 私がこの本をオススメする理由は、レイアウトの読みやすさと1つ1つの項目における説明が長過ぎないという点、それから難しい表現を使い過ぎていないという点にあります。勉強に使うものですから、心理的な負担は少ないにこした事ありません。そして通訳案内士の試験、あるいは、通訳案内士にとって必要なのは日本、および日本文化における幅広い知識です。ですので、いきなり深い説明を英語でされても困ってしまう、というのも正直なところです。まず、この本で全体を軽く押さえてから、自分の興味のあるところ、自分が詳しく知らなければならないところは、またそれ用のテキストを使うという方が良いのではないでしょうか。 また、こういった日本を紹介する参考書は、英文法や単語帳といった参考書よりもそれぞれ内容に大きな違いがあるように思います。要するに、同じ事に対する説明でも参考書によって記述に結構差があるということです。ですので、これ1冊だけ勉強して終了というよりは、何冊か勉強し…

続きを読む

通訳案内士

富士山とその周辺地域が世界文化遺産、和食が世界無形文化遺産となり、さらには、2020年には東京五輪が行われることとなり、経済以外でも日本への関心が高まっています。 しかしながら、我々、日本人は意外と自分の国のことを知らない、あるいは外国人に日本のことを聞かれてもうまく答えられない、ということはよくあることです。 私もこれではいけないと思い、通訳案内士の試験にチャレンジしました。 通訳案内士は、報酬を受けて外国人に付き添い、外国語を用いて旅行を案内するのに必要な資格であり、語学関係で唯一の国家資格です。日本政府観光局のホームページには、「通訳案内士(通訳ガイド)は、単に語学力が優秀であるだけでなく、日本の地理、日本の歴史、さらに、産業、経済、政治および文化といった分野に至る幅広い知識、教養を持って日本を紹介するという重要な役割を負っています。~省略~、通訳案内士(通訳ガイド)の仕事は、"民間外交官"とも言える国際親善の一翼を担うやりがいのある仕事です。」と記載されています。 試験は1次試験が、外国語、日本地理、日本史、一般常識、2次試験が面接となっています。外国語は英語の他に、ドイツ語、フランス語をはじめ、韓国語、中国語など、計10カ国語あり、それぞれ自分がガイドを行う言語での試験が必要となります。 私は英検1級を取得しているので、1次試験の外国語(英語)が免除されましたが、国内旅行取扱業務主任者の資格を持っていれば、日本地理の試験が免除されるなどの優遇措置もあります。…

続きを読む