Morning, Noon & Night

果てしない欲望と人一倍の知恵を使い自分一代で大富豪となったHarry Stanfordとその子息の物語。 莫大な不動産を持ち、世界の大手銀行と付き合いがあり、自家用ジェットに自家用ヨット、若くて魅力的な美女を手中に収めるHarry Stanfordとその子息。金に物を言わせる父親とそれに歯向かうことのできない子供たち、その将来は如何に シドニー・シェルダンの物語らしく、それぞれの人物の過去の話をうまく挿入しながら話はどんどん展開していきます。大富豪の大金にまつわる話ですから、人間のいろんな欲望が混ざり合って波瀾万丈ですが、読み手の予想を十分に裏切りながら話は進みます。後半はあっという間にページが進んでいってしまいます。 単なる大富豪とその資産にまつわる意地汚い話に終わらせない、ミステリー要素と早い場面展開、そして余分なものを削ぎ落とした読みやすい英文は、さすが、ページターナーといったところでしょうか。 娯楽小説には違いありませんが、十分に楽しめます。 ミステリー好きな方におススメです。 難易度★★★☆☆ 満足度★★★★☆ Morning, Noon & NightGrand Central Publishing Sidney Sheldon Amazonアソシエイト by

続きを読む

Nothing Lasts Forever

医学部を卒業し、サンフランシスコの総合病院に勤務する3人の女性医師。 性格も出身地も全く異なる3人が直面する女性医師としての試練、そして、人生の危機。果たして3人の未来はどうなるのか。 シドニー・シェルダンらしく3人の過去はそれぞれ波瀾万丈で、非常に特徴的で、彼女たちを取り巻く人々も非常に個性的です。 病名や薬の名前など、普段あまり目にすることのない単語も少なからず含まれてはいますが、英文はいつも通り非常に読みやすくどんどんページをめくってしまいます。 ただ、最後の結末とそこに至る道のりを考えた際、そこまで個性的な登場人物でなくても同じだったのではないかとは思います。内容としては、娯楽ということで.楽しんでもらえれば良いのではないかと思います。個人的には、お医者さんの世界も大変だなぁと思いました。 それよりも、むしろ私たちのようにEFLの環境の中で英語を学習する者にとって、シェルダンの魅力は最高の英語多読教材であるということです。頭の中の英語回路を保つには英語を英語の語順で理解することが大切という話はいつもしていますが、そのためには多読が不可欠であり、それをキープするためにシドニー・シェルダンは最適です。何と言っても多量の英文をどんどん読んでいってしまいます。私は英文を読み足りないと感じた時は、シェルダンを読みます。 皆さんも是非、脳内の英語回路を維持、改善するためにシェルダンを読んでみてください。 難易度★★★☆☆ 満足度★★★☆☆ Noth…

続きを読む

The Sand of Time

スペイン、バスク地方の独立を目指す革命軍と修道院のシスターが行動を共にすることに!? 奇想天外な発想ですが、これはシドニー・シェルダン氏の作品の中でも、実は私のお気に入りです。 あまり知られていることではないかもしれませんが、スペインは複数の民族から成り立つ国家です。EUの成立と共に、スペインから独立を希望する民族も実際にあります。この物語は、そんな民族の一つ、バスク民族の革命軍のリーダー、Jaime Miroとそれを追う警察のColonel Acoca、そして、その騒動に巻き込まれてしまった修道院の4人のシスター、Lucia、Graciella、Megan、Teresaを中心に進んで行きます。 それぞれがそれぞれに過去を抱え、それぞれの目指すものに向かって懸命に生きている姿が、過去の描写と細やかな心情描写を含みながら生き生きと描かれています。シドニー・シェルダンの物語らしく、それぞれの過去は決して平凡ではなく、どんどん話が大きくなります。そして、途中にラブロマンスも含んで物語はテンポ良く進んでいくので、どんどんページをめくってしまいます。 シドニー・シェルダンにしては異色作かと思いますが、物語のテンポの良さ、読者を引き込む魅力は他の作品に勝るとも劣りません。シドニー・シェルダン好きはもちろん、そうでない人も、是非、ご一読を。 難易度 ★★★☆☆ 満足度 ★★★★★ The Sands of TimeGrand Central Publishing Si…

続きを読む

Rage of Angels

''Master of Games''等で有名なSidney Sheldon の初期の作品。 どんな人生にも、希望と失望、出会いと別れ、愛と憎しみがあります。 Sheldonは、有能な女性弁護士Jenniferの成長とその後の人生を描く中で、自分の意志ではどうにもならない人生における出会いと別れ、人と人との糸の絡み合いと擦れ違いを非常にうまく、描き出しています。 弁護士の卵、Jenniferは、はじめての大事な裁判で被告側のマフィアの大物、Michaelに利用され、嵌められてしまいます。 その後、どんどん窮地に追い込まれ、弁護士としてのキャリアをあきらめそうになりますが、Adamとの出会いをきっかけに挽回。 その後は、順風満帆かと思いきや・・・。 将来有望なアダム、巨大マフィアの親玉マイケル、敏腕女性弁護士ジェニファーのその後はいかに!? Sidney Sheldonの歯切れの良い文章でテンポよく進んでいくJenifferの裁判のシーンはわくわくします。今度はどんな展開になるのか、どんどんページをめくってしまいます。まさに、ページターナーですね。陪審員が判決に力を持つアメリカの裁判制度の勉強にもなります。 英文も読みやすく、章立ても非常に短いので、洋書多読にぴったりの小説です。 また、ジェットコースターに乗っているかのようなと評される他のシドニーシェルダンの作品よりも、人物描写が細やかに書きあげられているので、落ち着いて読めるような気がします。 …

続きを読む

The ABC Murders

さて、前回はシャーロック・ホームズだったので、今回は、もう1人の有名な名探偵、エルキュール・ポアロの作品をご紹介しましょう。エルキュール・ポアロ、''Queen Of Crime''と呼ばれるアガサ・クリスティーが生み出したこのベルギー人名探偵シリーズの中から、今回は、''The ABC Murders''。 引退しようとしても、次々と事件が起こり引退できない、名探偵ポアロ。 そんな彼の元に、1通の手紙が・・・。 手紙の中身は、ポアロに対する挑発的な言葉があり、「アンドーバー(Andover) 6月21日 注意するように。 A.B.C.」と締めくくられていた。 警察は、よくある悪ふざけの類だと取り合わないが、ポアロはどうも嫌な予感が・・・。 そして、6月21日、予告どおり、殺人事件が・・・。 被害者は、小さなタバコ屋さんを営む Mrs. Ascher。そして、殺害現場には、ABC鉄道ガイドが置かれていた。 そして、次なる挑戦状が・・・。 挑戦状には、ベックスヒル(Bexhill)、6月25日という記述が・・・。 このA.B.C.いったい誰なのか? そして何のために殺人をおかすのか? 名探偵ポアロとA.B.Cの対決はいかに 難易度 ★★★☆☆ 満足度 ★★★★☆ The ABC. Murders…

続きを読む

Sherlock Holmes

さて、映画館では再びシャーロック・ホームズが人気のようです。今度のシャーロック・ホームズは今までとは少しタイプが違うそうですが、皆さんはもうご覧になられましたか? 少年の時に憧れたシャーロック・ホームズ。 ぜひともその新しい姿を映画館で、と思っているのですが、残念ながらまだ観れていません。何とか観に行こうと思いながら、とりあえず、またもやホームズシリーズを読み返していたりします。 というわけで、今回はシャーロック・ホームズのコンプリートセットをご案内したいと思います。 このコンプリートシリーズ、全2巻でホームズストーリーが全部収録されています。 しかも、お値段なんと・・・、となるとTVショッピングのようになってしまうので控えますが(笑)、英語が得意でなくても、シャーロキアンであれば、あるいは、英語多読に興味があるのであれば、このコンプリートセット、一家に1セットあっても決して悪くはありません。 19世紀の英語、ということで決して読みやすいとは言えませんが、お気に入りの短編から少しずつ読んでみるのも1つの方法です。ホームズの息づく19世紀のロンドンがより身近に感じられます。慣れるにしたがって長編にも是非チャレンジしてください。 The Complete Novels and Stories VolumeⅠには、 緋色の研究、四つの署名、シャー…

続きを読む

初めてのペーパーバック ー推理小説編ー

今年こそは、ペーパーバックデビューをしたい そんな目標を持っている人は多いと思います。そこで、Big R が今までにご紹介した中から、初めてのペーパーバックとしてオススメのものをご紹介したいと思います。 今回は、第1弾として 「推理小説編」をお届けします。 1. ''The Sky is Falling'' 何といってもオススメNo.1は、シドニーシェルダンの''The Sky is Falling''。 理由は2つ、「シンプルで読みやすい英文」と「大胆で展開の速いストーリー」。 ある、ロイヤルファミリーが1年間に6人もの死者を出していることに気づいた人気女性アナウンサー。 これは何かあるのでは・・・ と調査に乗り出すが・・・。 知的でたくましい美人の女性が、世界を飛び回り、事件の謎を解く、というシドニー・シェルダンの典型的パターンのストーリーで、英語が非常に読みやすいので、初めてのペーパーバックに最適の作品です。 2. ''The Naked Face'' オススメNo.2は、同じくシドニーシェルダンの''The Naked Face''。 The Sky is Falling と同じく、「シンプルで読みやすい英文」と「大胆で展開の速いストーリー」が魅力です。 自分の周りで知人が殺され、なぜか自分も命を狙われている優秀は精神科医…

続きを読む

The Naked Face

今回ご紹介するのは、「Master of the Game」、「The Sky is Falling」のシドニーシェルダンのデビュー作、「The Naked Face」。 主人公は、優秀な精神科医''Judd''。 (シドニーシェルダンにしては、珍しく男性が主人公です。) ある日、自分のオフィスに刑事が訪れます。 その刑事の手には、彼のレインコートが・・・。 そのレインコートは、Judd が自分の患者に貸したものでした。 そのレインコートを来て出た患者は、Judd のオフィスを出て1ブロック歩いたところで突然、刺殺されたとのこと。 ショックを受けながらも、その家族を見舞いに行き、その後、オフィスに帰ってくると今度は、Juddの受付嬢が拷問死。 優秀な精神科医を突然襲う悲劇。 警察はJuddを容疑者と信じて疑わない。 そして、なぜか自分も命を狙われ・・・。 いったい誰が何のために自分の命を狙うのか いったい誰が犯人なのか 誰も信用できないJuddに救いの手は現れるのか 処女作とはいえ、さすがページターナー。 どんどん物語りに引き込まれます。 「Master of the Ga…

続きを読む

Murder on the Orient Express

世界中で、聖書とシェイクスピアの次によく売れていると言われているアガサ・クリスティーの作品の中でも、特に有名だと思われるのが、名探偵ポアロシリーズの中の''Murder on the Orient Express''。 この題名を聞いたことがないと言う人はいないのではないでしょうか?? 大雪のために停止したオリエント急行の中で、1人の乗客が刺殺! 刺し傷は12箇所! しかも、ドアは内側からロックされており、窓が開いているが、窓から外に出た形跡はなし。 いったい、犯人はどこへ それとも、このオリエント急行の中に潜んでいるのか? 列車は満席、しかも、乗客は国籍も、身分も全く異なる。 犯人はこの中にいるのか? いるとしたら誰が? 乗客一人一人と話をしていくポアロ。 名探偵ポアロの推理はいかに?? これまた意外な結末が、最後に訪れます。 日本でオリエント急行を有名にするのに大きな役割を果たした作品。 映画も非常に人気がありますが、原作も1度は読んでおいても良いのでは?? 難易度 ★★★★☆ 満足度 ★★★☆☆ Murder on the Orient Express (Hercule Poirot)Berkley Pub Group (Mm) Agatha Christ…

続きを読む

The Murder of Roger Ackroyd

アガサ・クリスティーが生み出した名探偵エルキュール・ポアロ。 そのポアロシリーズの中でも1,2を争う傑作と言われているのが、この''The Murder of Roger Ackroyd''。 ある日、田舎町「キングズアボット」でファラーズ夫人が、睡眠薬の過剰摂取で死亡。 彼女は殺されたのか? それとも自殺か? その翌日、ファラーズ夫人と親密な関係にあったキングズ・アボットの名士ロジャー・アクロイド氏が書斎で刺殺。 アクロイド氏は殺される前に、シェパード先生に相談事を持ちかけていたのですが・・・??。  そのシェパード先生とゴジップ好きでおしゃべりな妹、キャロラインの住む家の隣には、最近外国人が引っ越してきていました。 その外国人というのは、なんと引退した名探偵、ポアロだったのです。 アクロイド氏の友人であったポアロが調査に乗り込むこととなったのですが・・・。 アクロイドの屋敷にいた人々にはみんな完璧なアリバイがあり・・・。 犯人は一体・・・ この結末は、ミステリーファンには物議をかもし出すこととなったのですが、この作品発表当時はそのくらいインパクトがあったということの裏返しかと思います。 推理小説好きならもちろん、そうでなくても一読の価値はありま…

続きを読む

The Sky is Falling

以前、シドニーシェルダンの''Master of the Game''をご紹介しましたが、この''The Sky is Falling''もシドニー・シェルダンの作品です。''Master of the Game''より短く、さらに読みやすいので、多読初心者にオススメの作品です。 ストーリーは、アメリカのロイヤルファミリーが一人殺された、というところからスタートします。 売れっ子美人キャスター、ダナ・エヴァンスが調べたところ、1年の間に一族が5人それぞれ不慮の事故で亡くなっているとのこと。これには何かが隠されている、ダナが調査に乗り出しますが、なかなか手がかりを掴めない。そして、あるときを境に命を狙われ始め・・・、大きな黒幕が・・・。 強くたくましい美人の女性が、世界を飛び回り、事件の謎を解く、というシドニー・シェルダンの典型的パターンのストーリーです。すばやい展開に無理なくページをめくっていけます。 英語も非常に読みやすいので、ペーパーバックに慣れるのに、最適の作品です。 はじめてのペーパーバックにも良いでしょう。 多読で力をつけるには、たくさんの英文を読むことから始まります。 少しでもたくさんの英文を読んで、''英語を英語の語順で理解する''ことができるように頑張りましょう。 難易度 ★★☆☆☆ 満足度 ★★☆☆☆ The…

続きを読む

The Firm

トム・クルーズが主演した映画、『法律事務所』の原作であり、John Grishamをベストセラー作家へと導いた作品、''The Firm''。 ハーバードのロースクールを卒業したMitch McDeere。 ニューヨークやシカゴの有名法律事務所からもオファーをもらっているMitchが、最終的に選んだのは、メンフィスにある中規模の法律事務所、''Bendini, Lambert & Locke''。 家もBMWも与えられ、学資ローンも肩代わりしてくれ、至れり尽くせりの会社。 これもすべて、優秀な人間に仕事に集中してほしいからだと言い張るが・・・。 上司の不可解な言動、同僚の事故死、FBI捜査官からの情報により、会社に不信感を持ちはじめるMitch。そして、Mitchの身にも危険が・・・。 いったい誰が正しいのか??? 自分はどうするべきなのか??? 英語も読みやすいので、ストーリーの展開に引っ張られてどんどん読めると思います。 まさに、多読に向いている1冊です。 ベストセラーをいくつも持つ作家の出世作。映画を見た人もそうでない人も、1度は読んでおいてもいいのでは?? 難易度 ★★★☆☆ 満足度 ★★★★☆ The FirmDell Pub Co John Grisham Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

続きを読む

Five Little Pigs

アガサ・クリスティーが生み出した、名探偵、エルキュール・ポアロの作品をご紹介します。シャーロック・ホームズの次に有名な探偵(!?)なので、知らない人はいないでしょう。 依頼人は、活発な感じの若く美しい女性。  そして、依頼はなんと16年前に起こった殺人事件の真相を再調査してほしいとのこと。 16年前ある画家が毒殺された。 犯人はその画家の妻。 妻は死刑となったが、当時5歳であった依頼人宛に自分が無実であることをほのめかす手紙を残す。 依頼人は事件後、外国の親戚に預けられ、事件のことを知らずに成長しますが、21歳になって母親からの手紙を受け取ります。母親の無実を信じる娘は真相を知ろうと、エルキュール・ポアロのもとへ。 当時の関係者の証言をもとに、事実の再構築に励むポアロ。 自他共に認める名探偵、エルキュール・ポアロが暴く真相は如何に アガサ・クリスティーの文章は非常にきれいですので、単なる謎解きでは終わらない魅力があります。ページターナーと言われる人々のサスペンスも良いですが、ゆったり、落ち着いて読む推理小説も魅力的です。 20世紀を代表する名探偵ポアロ、是非、原書で読んでみてください。 難易度 ★★★☆☆ 満足度 ★★★★☆ Five Little Pigs: A Hercule Poirot Mystery (Aga…

続きを読む

Master of the Game

シドニー・シェルダンという名前を知らない人は、いないでしょう。 昨年、亡くなられましたが、ベストセラー作品をいくつも持つ作家です。 この''Master of the Game''、「ゲームの達人」と題され、日本でも大人気であったかと思います。 親子4代の歴史が、ビジネス、事件、家庭問題、復讐といった様々な要素を絡めながら、世代を超え、国境を越え、激しく、自由奔放に紐解かれます。 英語は非常に簡単ですので、ボリュームに圧倒されそうになるかもしれませんが、一旦読み始めると、スピード感のある展開に引っ張られて、どんどん読めます。正直、4つのそれぞれの物語が続いているというような感がなきにしもあらずですが、さすが、ページターナーと言われるだけあって、確かにどんどんページをめくってしまいます。 私の持っている洋販の案内には、総語数約172,000語となっています。 分厚いペーパーバックを読み終えた後には、ささやかな充実感に包まれ、ペーパーバックを読破したという自信にもつながるでしょう。 多読の目的というのは、「簡単な英文をたくさん読んで、英語を英語の語順で理解する。」ということですので、このシドニー・シェルダンの作品は、英文の量のわりには読みやすいので、多読にはぴったりです。ペーパーバックに慣れるには必須の教材でしょう。 ただ、英語を読むことに十分に慣れている人が、英文を味わって読みたい、原書ならではの深みを味わいたい、と思って読むには、少し…

続きを読む

And then there were none

言わずと知れたアガサ・クリスティーの傑作でミステリーの最高峰。 U.N. Owenという人物より、10人の男女にインディアン島への招待状が送られます。 インディアン島に集まった10人の招待客。 食事を共にした後、どこからか、それぞれの過去を暴く声が・・・。 ナースリーライム Ten little soldier boys にあわせて、一人、そして、また一人と殺されていく。 一人殺されるごとに、テーブルの上の小さな陶器が消えていく・・・。 私は多読をはじめた後、早い段階でこの作品に挑戦しました。 当時の私には、わからない単語がたくさんありましたが、だからといって、辞書を引くのももどかしく、次は誰が殺されるんだ? 本当にそのシチュエーションで殺されるのか?と必死に読み続けてしまいました。 最後の3名が残る段階になると、もう時間があるとページをめくる状況になり、最後の最後は逆にページをめくるのがもったいなく感じ、最後の一人が殺されて誰もいなくなった後は、脱力感で抜け殻になってしまいました。 多読に挑戦する際に重要なことは、読みやすい英語であるというのもちろんですが(この点でもアガサ・クリスティーはお勧めです)、やっぱりストーリーが面白いということが重要です。 ストーリーが面白ければ、多少英語を読むのが辛くても、がんばれます。 …

続きを読む