TOEICテスト新公式問題集 Vol.4発売

新しいTOEIC公式問題集、Vol.4が発売となりました。
以前も書きましたが、TOEIC対策に公式問題集は不可欠ですので、新しい公式問題集の発売は喜ばしいことです。

今回の新公式問題集Vol.4の特徴は、下記の3点です。
(以下3点、TOEICホームページから抜粋)

1.前作のVol. 3の「ETSによる解説付きサンプル問題」に、さらに難易度に関する解説を加えられています。

2.TOEICテストのリスニング問題には、英語を母国語とする様々な国のナレーターによる会話や説明文が含まれています。Vol. 4では今回初めて、全問題についてナレーターの発音(米国・英国・カナダ・オーストラリア)が表示されています。

3.Vol. 4には新たに「CDトラック一覧表」を掲載しました。これを使えば、会話や説明文それぞれについてナレーターの発音(米国・英国・カナダ・オーストラリア)が一目瞭然なので、聞きたい発音を素早く探し、くり返して聞く練習ができます。



こういった改善によって、以下の3つのことが可能になります。

1.TOEICはどんなレベルでも同じ問題を解くので、例えば、初中級者の場合、自分のレベルよりも上の問題に出くわすこともあるかと思います。自分ができない問題のレベルを知ることで、学習時の参考にすることができます。「意外と初級の問題ができていなかった。」とか、「わからないと思ったら上級の問題だった。」というような発見があるはずです。


2.自分が聞き取りやすい発音、聞き慣れていない発音があるかどうか、また、それがどこの発音なのかを知りることができます。イギリス英語が苦手、とか、オセアニアが苦手とか、皆さん、多かれ少なかれ、得意な発音、苦手は発音はあるかと思います。 苦手な発音を把握し、克服することで、より多くの英語を聞くことができるようになります。


3.各問題に対するCDトラックがあることで、復習がよりしやすくなります。自分が聞き取れなった問題、自分がもう1度聞きたい問題がトラック○なのかすぐわかると、復習しようという気持ちが後押しされるはずです。



英語を勉強する環境は、どんどん整っていきます。皆さんもがんばってください。

ちなみに、Nintendo DSでもTOEIC対策ができるそうです。時代は変わっていきますね


TOEICテスト新公式問題集〈Vol.4〉
国際ビジネスコミュニケーション協会TOEIC運営委員会
Educational Testing Service

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • Fioretta

    英検2級を持っています。
    TOEICで500点か550点をマークしたいのですが、
    公式ブックは不可欠でしょうか?
    2010年06月06日 23:18
  • Big R

    結論から申し上げると、公式問題集は必要です。
    というのも、公式問題集は入学試験で言うと赤本に該当するものだからです。試験の形式に慣れることは、その試験において良い成績を取るには不可欠です。ご自身の力をつけるために、他の参考書・問題集に取り組むことももちろん大切ですが、試験自体に慣れることもそれと同じくらい大切なことです。戦いの前に敵を知る、という感じですね。
    よろしければ、このブログの「TOEICテストについて -Practice Makes Perfect-」http://learnfrombooks.at.webry.info/200906/article_2.html もご覧ください。
    2010年06月07日 23:48

この記事へのトラックバック

  • 資格試験について Pt.2 -TOEIC-
  • Excerpt: さて、前回は英検について書きましたので、今回はTOEICについて書いてみようと思います。ただ、以前、TOEIC直前対策みたいなものは書きましたので、今回はそれではなく、TOEICというテストを少し客観..
  • Weblog: TOEIC960点保持者の英語多読日記
  • Tracked: 2010-08-22 20:51