The First Phone Call from Heaven

あなたの亡くした大切な人から、ある日突然電話がかかってきたら?
「あの人の声が聞きたい。」「あの人ともう一度話ししたい。」そんな望みが叶えられたら、どうなるのでしょう?
こんなありえないことが起こったとしたら人はどうするのか?
そんなありえないことに"Tuesdays with Morrie"のMitch Albomが真摯に向き合った小説です。

人は人生においていろいろな悲しみや苦しみに出会います。愛する人を失うことはまさしく大きな悲しみであり苦しみです。そして、その悲しみや苦しみへの対応も人によって全く違います。

主人公、Sully Hardingも自分に襲いかかった悲劇とともに愛する妻も亡くしてしまいます。2つの悲しみと苦しみを同時に胸に抱いて生きています。そのSullyの住む田舎町で起こった出来事、「亡くなった人からの電話」。これは奇跡なのか、大きなペテンなのか、いずれにしても人々の心は大きく揺れ動きます。

人は決して強い生き物ではありません。弱くて助けを必要としています。そんな人々の弱くて切ない心をMItch Albomが優しく描きます。

あまりにありえない話ですので、どのようにエンディングに持っていくのか、途中心配にもなりましたがそんな心配は杞憂に終わりました。さすが、MItch Albomです。読んだ後、優しく爽やかな気分になりました。

英文もこれまでの彼の作品と同じく読みやすいものですので、ヒューマンストーリーが好きな人は是非手に取ってみてください。

難易度 ★★★☆☆
満足度 ★★★★☆


The First Phone Call from Heaven
HarperCollins
Mitch Albom

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by The First Phone Call from Heaven の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック