At Zero:The final secrets to “Zero limits” The quest for …

前回、ハワイの「HO’OPONOPONO」を紹介した「Zero Limits」を紹介しましたが、この本には続編があります。 それが、「At Zero:The final secrets to “Zero limits” The quest for miracles through HO’OPONOPONO」 I love you. I’m sorry. Please forgive me. Thank you. の4つで自分の世界が変わるというように言いましたが、もう1つ私のエピソードを紹介したいと思います。 先日、もう10年以上前に辞めた勤務先の上司から連絡がありました。久しぶりに会いたいとのこと。 ただ、我々は5年間一緒に働きましたが、最後はお互いに余り良い関係ではありませんでした。ですので、正直なところ、気不味いというか有難迷惑というか、あまり気の進むものではありませんでしたが、なぜか会わなければいけないような気がしました。 しぶしぶ、約束のコーヒーショップで顔を会わせて近況報告を終えると、何と今の勤務先を定年退職した後、その仕事を私に引き継ぎたいとのこと。まだ内部の確約が取れているわけではないが、今の仕事内容から今後の発展を考えると私以外には思い付かなかったとも。 突然のことで驚き以外なにものでもありませんが、これも、前回同様、ラッキーとも、偶然とも言うことができます。あるいは、時間がお互いのわだかまりを溶かしたという表現も可能でしょう。ホオポノポノの観点から言…

続きを読む

Zero limits

I love you. I'm sorry. Please forgive me. Thank you. この4つの言葉を唱えるだけで、あなたの抱える問題が消えると言われたら信じますか? 精神を病んで凶悪犯罪を犯した患者がたくさんいるハワイの刑務所で、実際に患者を診察することなしに、その4つの言葉を唱えて治療した人がいると言われたら信じますか? もし、この話をはじめて聞いたなら、「そんなバカな。」とか「何を言っているんだ。」という反応になるかと思います。 でも、そのハワイの刑務所の話は実話です。治療した人は心理学博士であるイハレアカラ・ヒューレン氏です。 このイハレアカラ・ヒューレン博士が用いた方法は「HO'OPONOPONO(ホ・オポノポノ)」と呼ばれるもので、ハワイに古くから伝わる問題解決法なのです。そして、博士が使っているのは、その「HO'OPONOPONO(ホ・オポノポノ)」の中でも、「Self-Identity through HOOPONOPONO」と呼ばれるものです。 詳しくは、この本を読んでいただくのが一番ですが、あるいは、この本を読んでいただいて、セミナー(日本でも開催されています)に参加するのが一番ですが、簡単に言うと、以下の通りです。(私の理解する範囲にはなりますが…) ①自分の目の前に現れる問題というのは、すべて自分の記憶が引き起こしているものだ。 ②よって、問題を解決するには、その自分の記憶を消去しなければならない。 ③その記憶を消す方法は…

続きを読む

As a man thinketh

不安な社会を反映してか、占いやスピリチュアル、自己啓発本が多く出版され、やや辟易とさせられるものも多くありますが、 James Allenが100年以上前に書いた、この''As a man thinketh'' がいわゆる自己啓発本の中で依然として、トップランクに位置することは間違いありません。 この本の中には、安易な成功法のようなものはありません。 しかし、すべての人がより良く生きていくための指針が示されています。 なぜ、人生うまくいかないのだろう、なぜ、自分ばかりがひどいめにあうのだろう。 その原因は自分自身にあるのかもしれません。 自分という人間は自分が考えたようになる。 思考と性格は表裏一体である。 人間は環境を変えようと必死になるが、自分自身を良くしようとは思わない。よって、人間は変わることができない。 悪いことを考えると痛みが訪れる。 みかんを食べようと思ったら、みかんの種を植えなければいけません。 みかんの種を植えたのに、桃の実が生った、そんなことは起こりえません。 同様に、良い人間になろうと思ったら、良い思考、良い行動をしなければいけません。 非常に格調高い英文で、何度も読み返したくなる文章です。 難しいと思われるかもしれませんが、短い本なのでがんばって読んでいただきたいと思います。 また、実際に声に出して読むのも良いと思います。 以前、紹介した''How to win friends and influenc…

続きを読む

100 Simple Secrets of Successful People

前回、幸せになるための法則、''100 Simple Secrets of Happy People'' をご紹介しましたので、今回は、''100 Simple Secrets of Successful People''、成功するための100の法則をご案内します。 「成功したい。」、「一攫千金を狙うぞ!」、「何とかこのプロジェクトを成功させたい。」等々、皆さんいろいろな希望がおありだと思います。この本には、そんな皆さんがより成功に近づくための100の法則が書かれています。 100のヒントは、''100 Simple Secrets of Happy People'' と同じく、それぞれ、タイトルとその説明、具体的なエピソード、そして、研究結果という流れで書かれています。 例えば、 No.50 Want Support? Deserve it オフィスで誰かが昇進したとき、その人は同僚から祝福され、協力を申し出されていましたか? それとも、同僚は陰口や文句を言っていましたか? その違いは、その人が、昇進前、昇進後もどれだけ熱心に働いているかにかかっています。 同僚がその人のことを、誰よりも熱心で有能だと思えば、その人には自然と協力しようと思うようになります。 『スターリンとシャノンはジョージア州、グレンビルでともにアメリカンフットボールをして過ごしました。 お兄さんのスターリンは、南カリフォルニア大学からスカウトされ、ドラフト1順目でNFLに…

続きを読む

100 Simple Secrets of Happy People

「幸せになりたい!」、「幸せな人生と過ごしたい。」と思いながら、みんな生きていると思います。 にもかかわらず、「あなたは幸せですか??」と聞かれたら、「幸せではない。」と答える人も少なからずおられます。では、どうしたら「幸せ」になれるのでしょうか この本には、毎日を幸せに生きるための「100のヒント」が書かれています。 100のヒントは、それぞれ、タイトルとその説明、具体的なエピソード、そして、研究結果という流れで書かれています。 例えば、No.11 Friendship Beats Money 。 その人が幸せかどうかと聞きたいのなら、銀行にいくら預金があるか、給料はいくらか、と聞くのではなく、友達について聞いてみたら良いと書かれています。 具体的なエピソードとしては、 『10年来一緒に仕事をしてきた2人のファイナンシャルアドバイザーが、マーケットが急変したことにより、有り金すべてを投資したけれども、結果として失敗し、有り金すべてを失いました。 二人ともなくしたお金に執着し、お互いを責め、結果として、友情を失うこととなりました。 1年余りが過ぎ、たまたま、昼食時に出くわした二人は、お互いの大きな損失について話しました。 それは、お金ではなく、友情だったのです。 「…

続きを読む

How to win friends and influence people 『人を動かす』

皆さんが日々の生活で抱えている悩み事はどういったものでしょう? 仕事? 友人関係? 夫婦関係? 子育て? あるいはお金? どういった悩みであれ、それは、「人間関係」と言う一言で表されるのではないでしょうか? 今回は、この人間関係をいかに円滑にするか、ということを考えるのに最適な本をご紹介します。  世界中でベストセラーとなり、これまでに1600万部以上売れているデール カーネギーの自己啓発本、『人を動かす』。 世の中に自己啓発本はたくさんありますが、この1冊を読むだけで、他の何百、何千もの本を読むのに匹敵します。 たとえば、 「人はみんな自分が良いことをしていると思っている。」 連続殺人犯、マフィアのボス、大泥棒でさえ、みんな自分がやらなければいけないと思うことをし、自分がしたことが良いことであると思っている。 「名前とは、その人にとって最も心地よく響く音である」 みんな自分の名前を覚えてもらうこと、自分の名前を読んでもらうことが、最高にうれしいことである。 「エンジニアでさえ、仕事で成功するかどうかの85パーセントは人間関係のスキルにかかっている。」 技術力がすべてというイメージのエンジニアでさえ、技術力は出世するかどうかの15パーセントに過ぎず、残りの85パーセントはコミュニケーション能力にかかっている。 上記の例を面白いと思った人はもちろん、そうでない人にも是非、読んでいただきたい1冊です。 詳しくは、この本をじ…

続きを読む